日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

積極番宣も 天海祐希「Chef~三ツ星の給食~」に迫る危機

 鳴り物入りでスタートした天海祐希主演ドラマ「Chef~三ツ星の給食」。撮影現場での名座長ぶりは相変わらずだという。

「若手の共演者を食事に誘って、“三ツ星にいこう。ちゃんとしたレストランに行こう”と、天海さんお気に入りのフレンチレストランに連れて行っている。もちろん、天海さんのオゴリ。スタッフから『天海組の親分』と言われるほどの男気を発揮しています。大量の『タフマン』を差し入れに持ってきた時は、さすがに“私、おっさんみたい?”と言っていましたが、視聴率の割にムードは悪くない」(テレビ関係者)

 事実、視聴率は絶望的に悪い。初回8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と1ケタ台でスタートし、一度も上昇気流に乗れぬまま、第4話では打ち切り基準ともいわれる5%割れの4.9%。第5話で8.0%と大幅に盛り返してきたが、それでも想定をはるかに下回る視聴率であることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事