• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米倉涼子のスカート丈に見る「ドクターX」絶好調の秘密

 ドラマ視聴率の低迷時代に、毎回のように20%を超える視聴率を叩き出している米倉涼子(41)主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」は、もはや“お化け番組”としか言いようがない。12年放送の第1期から高視聴率を記録していたが、第4期に入ってマンネリ化が指摘されるようになっても今年の全ドラマ中最高の24.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録する絶好調ぶり。

「これだけの人気シリーズになると、これまで通りの路線を守りたがるものですが、米倉のもっと上を目指す貪欲な姿勢は見事としか言いようがない。米倉は第4期スタートに当たって“脇を固める役者さんは、ベテランでバラエティーに富んだ方を配置してほしい”とリクエストしたそうです。主役である自分のキャラクターは変えられないので、演技力のある個性派を脇役に配することで、飽きられないようにしたいという思いがある。米倉のその思いに応えてキャスティングされたのが、泉ピン子や吉田鋼太郎です」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る