バイオハザード監督 「女性と銃だけで映画は成り立つ」

公開日: 更新日:

 1作目から15年、ついにシリーズが完結する。今週23日に世界最速で公開される「バイオハザード:ザ・ファイナル」(ソニー・ピクチャーズ配給)。全6作品の製作に関わってきたポール・W・S・アンダーソン氏(51)に思いの丈を聞いた。

「バイオハザード」シリーズは、日本のゲームメーカー「カプコン」が開発した同名のサバイバルアクションゲームを実写映画化したもの。ユニークな試みはゲームを知らない人にも支持され、爆発的人気を博した。今作で明かされる主人公アリスの出生の秘密は、1作目を製作していた時から決めていたという。

「ずっと胸の内に秘めていたものをようやく明かすことができたね。シリーズが始まった当時のハリウッドでは、女性が主人公の作品は珍しかったんだ。アクションゲームの世界と違って、アクション映画では、男性が主役になる。女性はサポートする存在としてしか描かれない。だからバイオハザードは例外的だった。でも、ジャン・リュック・ゴダールも言っているように、女性と銃だけで映画は成り立つ。このコンセプトはクールでセクシーだよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る