バイオハザード監督 「女性と銃だけで映画は成り立つ」

公開日: 更新日:

 1作目から15年、ついにシリーズが完結する。今週23日に世界最速で公開される「バイオハザード:ザ・ファイナル」(ソニー・ピクチャーズ配給)。全6作品の製作に関わってきたポール・W・S・アンダーソン氏(51)に思いの丈を聞いた。

「バイオハザード」シリーズは、日本のゲームメーカー「カプコン」が開発した同名のサバイバルアクションゲームを実写映画化したもの。ユニークな試みはゲームを知らない人にも支持され、爆発的人気を博した。今作で明かされる主人公アリスの出生の秘密は、1作目を製作していた時から決めていたという。

「ずっと胸の内に秘めていたものをようやく明かすことができたね。シリーズが始まった当時のハリウッドでは、女性が主人公の作品は珍しかったんだ。アクションゲームの世界と違って、アクション映画では、男性が主役になる。女性はサポートする存在としてしか描かれない。だからバイオハザードは例外的だった。でも、ジャン・リュック・ゴダールも言っているように、女性と銃だけで映画は成り立つ。このコンセプトはクールでセクシーだよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  9. 9

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

  10. 10

    二世、アイドル、タレント出身…TV局新人アナ誰が化ける?

もっと見る