入れ墨消す準備も 清原和博が事件後初のインタビューに応じる

公開日: 更新日:

 今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決が確定した元巨人清原和博(49)が事件後、はじめてマスコミ取材に応じた。

 24日のスポニチがインタビューを詳報している。清原は警視庁本部の留置場で「114番」と呼ばれ、44日間の独房生活を送っていたという。「114番、メシ!」の合図でゴザに座って食事。特にしんどかったのは5日に1回の風呂だったようだ。

「独房の人間が一番最後に入るんですが、髪の毛はたくさん落ちてるし、湯船にも何かよく分からないものがいっぱい浮いている。そして〈おい114番、栓を抜け〉と指示される。この腕で野球をして、薬物を使い、汚いお風呂の栓を抜いている。自分の情けなさに涙が出ました」と振り返っていた。

 現在は貯金を切り崩しながら、自宅で引きこもる生活。来年には入れ墨を消す準備をしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る