日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がん宣言から3年…樹木希林「現状報告」の深イイ話

「全身がん宣言」の女優、樹木希林(73)が久しぶりに自らの病気を語ったコメントが話題だ。「女性セブン」1月5・12日号の取材に対し、次のようなことを言っているのだ。

「がんをやっつけようとかって思わないのよ。『がんと真剣に向き合って』とかも思わない」

「これからはがんや病気とは一緒に生きていく時代ですよ」

「要するに生きているのも日常、死んでいくのも日常なんですよ」

 がん宣言から3年、映画出演や記者会見で元気な姿を見せているのは「瞬間芸」で「あとはぐて~んとしている」というが、取材した記者をこう励ましたという。

「もう少し面白がって世の中を頑張ってくださいよ。楽しくやりましょう」と。前向きで明るいところが、いいのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事