SMAP紅白辞退を予測できず 芸能メディアの甘すぎた見立て

公開日: 更新日:

 NHKがあからさまな“手のひら返し”だ。大晦日の紅白歌合戦への辞退を申し出たSMAPについて、関連企画は一切行わないことを明言。番組から“SMAP色”を完全に排除するという。当初、籾井勝人会長が直々に出演交渉をすると言っていただけに、あまりの変貌ぶりにビックリだ。直前まで“SMAPシフト”を敷いていたNHKとしては、“裏切られた感”が強いのだろう。

「一時は、ジャニーズ事務所とNHKサイドで、来年以降の紅白の人選やSMAPが出る際の条件について、“密約”が交わされているとの情報が駆け巡った。さらには、ジャニーズの女帝メリー喜多川副社長が、SMAP出場に“GOサイン”を出したというウワサも流れました。各メディアも『そうはいっても、最後の最後は5人そろって出てくるのだろう』と楽観視していた部分があったんです」(芸能リポーター)

 ジャニーズ事務所と付き合いのある女性誌も、秋から毎週のようにSMAP関連の記事を載せてきた。新しいネタがなくても、SMAPファンの声だけで構成された記事を掲載。12月に入ってからは“紅白、奇跡の出演へ”などの見出しが躍った。最初から出ないことをわかっていて“確信犯”的に報じていた可能性もあるが、どこかで期待する部分はあったのだろう。だが、結果は見てのとおりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る