SMAP紅白辞退を予測できず 芸能メディアの甘すぎた見立て

公開日: 更新日:

 NHKがあからさまな“手のひら返し”だ。大晦日の紅白歌合戦への辞退を申し出たSMAPについて、関連企画は一切行わないことを明言。番組から“SMAP色”を完全に排除するという。当初、籾井勝人会長が直々に出演交渉をすると言っていただけに、あまりの変貌ぶりにビックリだ。直前まで“SMAPシフト”を敷いていたNHKとしては、“裏切られた感”が強いのだろう。

「一時は、ジャニーズ事務所とNHKサイドで、来年以降の紅白の人選やSMAPが出る際の条件について、“密約”が交わされているとの情報が駆け巡った。さらには、ジャニーズの女帝メリー喜多川副社長が、SMAP出場に“GOサイン”を出したというウワサも流れました。各メディアも『そうはいっても、最後の最後は5人そろって出てくるのだろう』と楽観視していた部分があったんです」(芸能リポーター)

 ジャニーズ事務所と付き合いのある女性誌も、秋から毎週のようにSMAP関連の記事を載せてきた。新しいネタがなくても、SMAPファンの声だけで構成された記事を掲載。12月に入ってからは“紅白、奇跡の出演へ”などの見出しが躍った。最初から出ないことをわかっていて“確信犯”的に報じていた可能性もあるが、どこかで期待する部分はあったのだろう。だが、結果は見てのとおりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る