山P、キスマイら飯島派も…初詣に透けたジャニーズの事情

公開日:  更新日:

 一体、誰が来るのか。SMAP解散でジャニーズ事務所恒例の初詣は、例年以上にマスコミの注目を集めていた。

 毎年、神奈川県のある有名な寺を訪れるのは、メリー喜多川副社長をはじめ、TOKIOやV6、嵐、関ジャニ∞といったメリー派の面々。しかし、17年を迎えたばかりの元日未明。常連組に加え、Sexy ZoneやKis―My―Ft2、山下智久らも駆け付けたのだ。

 彼らはSMAP同様、ジャニーズを去った飯島元マネジャーの閥に属するグループだっただけに“本家”主催の初詣の参加は、「おそらく初めてじゃないか」(芸能関係者)。

 解散の影響でマスコミが大挙して押しかけるのを想定してか、昨年まで報道陣やファンたちの前に姿を見せていたメリー副社長は見当たらず。メンバーらが待機していた会館から出る直前には、こうこうとついていた建物内の照明が突然消されるなど厳戒態勢だった。

 これには数百人に及んだファンやヤジ馬から「ヒドイ!」「明るくしろ!」といったブーイングが。来年はコソコソすることなく大本堂正面の「大山門」から参詣できる一年になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る