• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛弟子・小西博之が語る 松方弘樹さんの「豪快伝説」<下>

 先日亡くなった俳優・松方弘樹さん(享年74)を「時代劇と夜の師匠」と仰ぐのは、コニタンこと小西博之さん(57)。ドラマ「名奉行 遠山の金さん」(89~93年)の撮影時には、京都・祇園のイロハを教わったという。なみなみとつがれたヘネシーのグラスを傾けながら、夜ごと、松方さんから聞いた秘話とは――。

  ◇  ◇  ◇

 松方さんは湿っぽいのはお嫌いで、お酒の席はいつも賑やかでした。カラオケも好まれて、よく石原裕次郎さんの歌を歌われていました。そうそう、裕次郎さんの形見分けとして釣り竿を譲り受けたそうで、「使ってるかって? バカヤロウ!大事に飾ってあるよ」とうれしそうに話されていましたね。

 お父さまの近衛十四郎さんとの思い出もよく聞かせてもらいました。松方さんが子供の頃、近衛さんはしょっちゅう祇園のお茶屋さんに泊まってらしたそうで、松方さんは、弟の目黒祐樹さんの手を引いてそのお茶屋さんに行き、「お父さん、きょうは帰って来てもらえませんか」と呼び戻しに行ったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る