愛弟子・小西博之が語る 松方弘樹さんの「豪快伝説」<下>

公開日:

 先日亡くなった俳優・松方弘樹さん(享年74)を「時代劇と夜の師匠」と仰ぐのは、コニタンこと小西博之さん(57)。ドラマ「名奉行 遠山の金さん」(89~93年)の撮影時には、京都・祇園のイロハを教わったという。なみなみとつがれたヘネシーのグラスを傾けながら、夜ごと、松方さんから聞いた秘話とは――。

  ◇  ◇  ◇

 松方さんは湿っぽいのはお嫌いで、お酒の席はいつも賑やかでした。カラオケも好まれて、よく石原裕次郎さんの歌を歌われていました。そうそう、裕次郎さんの形見分けとして釣り竿を譲り受けたそうで、「使ってるかって? バカヤロウ!大事に飾ってあるよ」とうれしそうに話されていましたね。

 お父さまの近衛十四郎さんとの思い出もよく聞かせてもらいました。松方さんが子供の頃、近衛さんはしょっちゅう祇園のお茶屋さんに泊まってらしたそうで、松方さんは、弟の目黒祐樹さんの手を引いてそのお茶屋さんに行き、「お父さん、きょうは帰って来てもらえませんか」と呼び戻しに行ったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る