• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

没後20年で脚光 “異能の映画人”伊丹十三が持つ7つの顔

 没後20周年の映画監督・伊丹十三が、再び脚光を浴びている。代表作「タンポポ」が昨年、30年ぶりに全米公開されたのに続いて、今年は「マルサの女」「あげまん」など監督作全10本が日本映画専門チャンネルで特集放送中だ。映画監督としてはもちろん、さまざまな分野で才能を発揮した異能。マルチな才人・伊丹十三の意外な“顔”を振り返ってみよう。

●商業デザイナー

 本名・池内義弘は、1933年5月15日、映画監督・伊丹万作の長男として生まれる。幼い頃から絵の才能を発揮し、21歳で銀座の商業デザイン事務所に勤務。映画雑誌「アートシアター」のタイトル文字・表紙デザインなどを手がける。この時、作家の山口瞳と知り合ったことが、名エッセイスト誕生のきっかけとなる。

●俳優

 26歳で「伊丹一三」として俳優デビュー。その後、ニコラス・レイ監督「北京の55日」や、リチャード・ブルックス監督「ロード・ジム」など海外の大作に出演。帰国後も独特の存在感を放つ。特に50歳で出演した「家族ゲーム」での“目玉焼きチュウチュウ”は今も語り草になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る