没後20年で脚光 “異能の映画人”伊丹十三が持つ7つの顔

公開日:

 没後20周年の映画監督・伊丹十三が、再び脚光を浴びている。代表作「タンポポ」が昨年、30年ぶりに全米公開されたのに続いて、今年は「マルサの女」「あげまん」など監督作全10本が日本映画専門チャンネルで特集放送中だ。映画監督としてはもちろん、さまざまな分野で才能を発揮した異能。マルチな才人・伊丹十三の意外な“顔”を振り返ってみよう。

●商業デザイナー

 本名・池内義弘は、1933年5月15日、映画監督・伊丹万作の長男として生まれる。幼い頃から絵の才能を発揮し、21歳で銀座の商業デザイン事務所に勤務。映画雑誌「アートシアター」のタイトル文字・表紙デザインなどを手がける。この時、作家の山口瞳と知り合ったことが、名エッセイスト誕生のきっかけとなる。

●俳優

 26歳で「伊丹一三」として俳優デビュー。その後、ニコラス・レイ監督「北京の55日」や、リチャード・ブルックス監督「ロード・ジム」など海外の大作に出演。帰国後も独特の存在感を放つ。特に50歳で出演した「家族ゲーム」での“目玉焼きチュウチュウ”は今も語り草になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る