カナブーン飯田が自白 清水富美加の出家はゲス不倫一因か

公開日: 更新日:

 今度はゲス不倫発覚である。宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(22)とかつて不倫関係にあったバンドマンの名前が明らかになった。

 清水は17日に法名「千眼美子」名義で出版した著書「全部、言っちゃうね。」の中で「悩みの種だった好きな人も忘れました」と語っており、恋愛の悩みが出家の一因だったことを明かしていた。19日のスポニチがその相手について、既婚者で人気ロックバンドのメンバーと報じたところ芸能マスコミの間で「一体、誰なんだ?」と不倫の相手捜しが過熱したが、21日の同紙がその相手をロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬(26)と特定したのだ。

 飯田は清水との関係を認めており、清水が出家したことに自責の念にかられ、自ら所属事務所に不倫関係を白状。所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます」と同紙に説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る