カナブーン飯田が自白 清水富美加の出家はゲス不倫一因か

公開日:  更新日:

 今度はゲス不倫発覚である。宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(22)とかつて不倫関係にあったバンドマンの名前が明らかになった。

 清水は17日に法名「千眼美子」名義で出版した著書「全部、言っちゃうね。」の中で「悩みの種だった好きな人も忘れました」と語っており、恋愛の悩みが出家の一因だったことを明かしていた。19日のスポニチがその相手について、既婚者で人気ロックバンドのメンバーと報じたところ芸能マスコミの間で「一体、誰なんだ?」と不倫の相手捜しが過熱したが、21日の同紙がその相手をロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬(26)と特定したのだ。

 飯田は清水との関係を認めており、清水が出家したことに自責の念にかられ、自ら所属事務所に不倫関係を白状。所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます」と同紙に説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る