日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<88>パン屋に無礼…道や徳は自分で探して見つけるものだ

 文部科学省の役人は本当にワケの分からないことを押し付ける。「ゆとり教育だ、いや、やっぱり、ゆとりは取りやめだ」ぐらいはまだ許せたが、今度は、小学校の「道徳」の教科書検定で変なイチャモンをつけ、学習指導要領に照らし合わせると事柄の扱いが不適切だと、出版社たちに細かく修正させていた…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事