日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝ドラマ制作部長 経費不正流出で懲戒の裏に泥沼不倫

 さすがにここまでやったら、アウトだ。

 テレビ朝日は先月21日、総合編成局ドラマ制作部のA部長(57)が過去7年間、私的な飲食代を会社に不正に請求していたとして、部長職を解任する降格処分にした。

 A前部長は「相棒」や「ドクターX」など、ドラマ部門を統括するゼネラルプロデューサーだった。飲食の際に会社名で領収書をもらい、2010年4月以降、計605件、約559万円分の飲食代を経費として精算していた。本人は「業務と私用の境目がなくなった」と不正を認め、すでに全額返済しているという。

 もちろん、経費の不正流用はれっきとした会社に対する背任行為だが、7年間で使った559万円は1年間当たり79万8000円で、月にしたら6万6547円。それでも厳しい処分となったのは、その裏にドロドロのダブル不倫があったからのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事