• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝ドラマ制作部長 経費不正流出で懲戒の裏に泥沼不倫

 さすがにここまでやったら、アウトだ。

 テレビ朝日は先月21日、総合編成局ドラマ制作部のA部長(57)が過去7年間、私的な飲食代を会社に不正に請求していたとして、部長職を解任する降格処分にした。

 A前部長は「相棒」や「ドクターX」など、ドラマ部門を統括するゼネラルプロデューサーだった。飲食の際に会社名で領収書をもらい、2010年4月以降、計605件、約559万円分の飲食代を経費として精算していた。本人は「業務と私用の境目がなくなった」と不正を認め、すでに全額返済しているという。

 もちろん、経費の不正流用はれっきとした会社に対する背任行為だが、7年間で使った559万円は1年間当たり79万8000円で、月にしたら6万6547円。それでも厳しい処分となったのは、その裏にドロドロのダブル不倫があったからのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る