桜田淳子ライブに反対声明 紀藤正樹弁護士に理由を聞いた

公開日: 更新日:

「桜田さんの露出が、霊感商法を増やし、献金を正当化させてしまうのです。統一教会は『これをしないと地獄で苦しむ先祖が浮かばれない』『先祖の色情因縁を清算しないと結婚できない』などと献金を勧誘し、高額商品を買わせる、つまり詐欺的、恐喝的活動を行っています。最高裁で商品の売り付けはもちろんのこと、宗教活動の根幹部分である伝道や献金勧誘ですらも違法と断罪され敗訴している。それでも教団は違法な活動をやめない、つまり『違法集団』とも評価できるのがこの教団です。たとえて言えば、桜田さんは、違法集団である暴力団の構成員と同じ立場にあり、教団をやめない限り、教団の広告塔としての芸能活動を許してはいけない存在なのです」

 現在、教祖が亡くなり教会内分裂により求心力は低下。活動低迷で資金難の教団にとって“昭和の絶対的アイドル”桜田淳子の台頭は絶好のカンフル剤になってしまう。

「たった1回のステージでも被害を増長させることは確実。教団内の求心力を高めることにもつながるので、徹底して抗議していく必要があるのです」

 ノスタルジーに駆られて応援するファンも自覚すべきことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る