日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本聖子氏が手ぐすね プロ後の浅田真央“政界転身”あるか

 12日、会見を開き現役引退を表明した浅田真央(26)。早くも今後の活動に注目が集まっている。キャスターや女優への転身が囁かれているが、天才肌過ぎて指導者には不向きだろうとみるフィギュア関係者が少なくない。

 しばらくフィギュア元世界王者の高橋大輔(31)のように“プロスケーター”として活動するのが現実的だろうが、その後、間違いなく囁かれるのが政界進出だ。実際、日本スケート連盟会長で自民党参院議員会長の橋本聖子氏が手ぐすね引いて待ち構えているという。

「橋本会長は『今日のスケート界の躍進があるのは浅田選手が世界の頂点を極め続けたおかげ』とたたえました。真央ちゃんもそんな橋本会長を慕っている。3年前、最初に引退するかどうかで迷った際は、橋本会長に『冷却期間を置いてゆっくり考えたら?』とアドバイスされたことで引退を思いとどまったといわれます。そんな橋本会長から出馬要請があれば、受けてしまうのではないか」(フィギュア担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事