井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<90> スマホは人間の心と五感を不能にする

公開日: 更新日:

 桜の満開の下でスマホで写真ばかり撮り、自分の脳裏には焼きつけず、それで花を愛でた気になってる。スマホのせいでモノを撮ってモノを見ない人間が増えた。「無粋だね」とタクシー運転手に話しながら大通りを走っていると、ここはどこの国かと思うような「事件」が起きた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る