• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年前から「日枝院政」構想 フジテレビ大型人事のウラ側

 視聴率低迷による業績悪化にあえぐフジテレビは亀山千広社長(60)の退任、ならびに「フジの天皇」こと日枝久会長(79)が代表権のない取締役相談役に退くなどの人事を固めた。トップ2人の刷新で再起を狙うとおおむね報じられているが、どうなのか。

「今回の人事は約3年前から温められていたもので、絵を描いたのは、日枝氏です。次期社長に就く宮内正喜氏はフジテレビ絶頂期のバブル時代、編成局長だった日枝氏の下でバラエティー制作をまとめていた直属の部下。さらに、日枝氏からフジ・メディアHD会長を継ぐ嘉納修治氏も日枝氏の手下であると関係者には知られている。日枝氏は07年から岡山放送社長を務めていた宮内氏を呼び戻し、次期社長を見据えて、15年からBSフジ社長に置いていた。日枝氏は代表権がなくなるとはいえ、今後も取締役相談役として裏でグループを動かす実権を握り続けるでしょうし、これから事実上の“日枝院政”が敷かれるのです」(フジテレビ幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る