81歳で引退宣言 波乱万丈アラン・ドロン“悔いなき”人生

公開日:

 フランスの俳優アラン・ドロン(81)が先日、映画と舞台1本ずつ出演するのを最後に引退すると表明した。98年にも「すべてやりきったから辞める」と引退宣言、その後復帰したことがあるが、今回は高齢を理由にしておりその意志は固いといわれる。

 アラン・ドロンといえば出世作「太陽がいっぱい」(60年)以来、「若者のすべて」や「冒険者たち」など数多くの映画に出演。二枚目スターの代名詞として日本でもアイドル的人気を博した。年齢とキャリアを重ねてもそうしたイメージを保ち続けた点も特徴的だ。その魅力について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「還暦近くなって希代のプレーボーイを演じた『カサノヴァ最後の恋』(92年)では、若いライバルと美女を取り合う役柄でしたが、こんな役に説得力を与えられるスターはそうそういません。ただこの手の“色男”的な大衆人気は日本独特で、欧米では芸術映画や舞台で活躍する個性派俳優としての評価も高いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る