81歳で引退宣言 波乱万丈アラン・ドロン“悔いなき”人生

公開日:

 フランスの俳優アラン・ドロン(81)が先日、映画と舞台1本ずつ出演するのを最後に引退すると表明した。98年にも「すべてやりきったから辞める」と引退宣言、その後復帰したことがあるが、今回は高齢を理由にしておりその意志は固いといわれる。

 アラン・ドロンといえば出世作「太陽がいっぱい」(60年)以来、「若者のすべて」や「冒険者たち」など数多くの映画に出演。二枚目スターの代名詞として日本でもアイドル的人気を博した。年齢とキャリアを重ねてもそうしたイメージを保ち続けた点も特徴的だ。その魅力について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「還暦近くなって希代のプレーボーイを演じた『カサノヴァ最後の恋』(92年)では、若いライバルと美女を取り合う役柄でしたが、こんな役に説得力を与えられるスターはそうそういません。ただこの手の“色男”的な大衆人気は日本独特で、欧米では芸術映画や舞台で活躍する個性派俳優としての評価も高いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る