• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

81歳で引退宣言 波乱万丈アラン・ドロン“悔いなき”人生

 フランスの俳優アラン・ドロン(81)が先日、映画と舞台1本ずつ出演するのを最後に引退すると表明した。98年にも「すべてやりきったから辞める」と引退宣言、その後復帰したことがあるが、今回は高齢を理由にしておりその意志は固いといわれる。

 アラン・ドロンといえば出世作「太陽がいっぱい」(60年)以来、「若者のすべて」や「冒険者たち」など数多くの映画に出演。二枚目スターの代名詞として日本でもアイドル的人気を博した。年齢とキャリアを重ねてもそうしたイメージを保ち続けた点も特徴的だ。その魅力について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「還暦近くなって希代のプレーボーイを演じた『カサノヴァ最後の恋』(92年)では、若いライバルと美女を取り合う役柄でしたが、こんな役に説得力を与えられるスターはそうそういません。ただこの手の“色男”的な大衆人気は日本独特で、欧米では芸術映画や舞台で活躍する個性派俳優としての評価も高いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る