• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初大河の柳楽優弥が語る ふんどしのリベンジは「目力」で

 これほど眼光するどくワイルドな役がハマる若手役者はいないんじゃないか。柳楽優弥、27歳。自身初のNHK大河ドラマ出演作「おんな城主 直虎」(総合、日曜20時)では史実にはないオリジナルキャラクター、盗賊団のかしら・龍雲丸を演じている。

「個性的な役柄を演じるのは楽しいですね。はたから見たら変わり者だけれど、キャラクターの立ち位置から見た意見や思いを言葉にするシーンもあって、共感できる部分が少なからずある」

 デビュー作は、是枝裕和監督の主演映画「誰も知らない」(04年)。しかも同年度のカンヌ国際映画祭で史上最年少、日本人として初めて男優賞を受賞する快挙を成し遂げた。いきなり手にしたビッグタイトルはほどなく重圧となって降りかかった。「周囲の声に耳を向けられなくもなって。結局、ぐちゃって潰されちゃいました」。そんな過去の苦悩があったからこそ、早くに両親を亡くし心の中にトラウマを抱える龍雲丸に寄り添えるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事