中村敦夫「避けられない問題」 反原発テーマの朗読劇反響

公開日: 更新日:

 俳優、中村敦夫(77)が各地で上演している朗読劇「線量計が鳴る」が大反響を呼んでいる。どこも立ち見ができる盛況で、口コミで全国に広がっているのだ。テーマは原発廃止。福島第1原発事故以降、原発に疑問を投げかけ、政府や電力業界にも手厳しい意見をぶつけている。

 中村の代表作は時代劇「木枯し紋次郎」。「あっしにはかかわりねえこって」のクールなせりふはあまりにも有名だが、あえて反原発にかかわり続ける本音を聞いた。

「私くらいの年(77歳)になると毎日、戦場を散歩しているようなものです。いつ、どこから、弾が飛んでくるかわからない。寿命には必然性がないからです。となると、今やっている仕事が最後のライフワークになる可能性が十分ある。ならば、抱えているテーマの数々に優先順位をつけ、もっとも重要と思われるものと格闘すべきです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る