「クロ現」高視聴率で勃発 藤井四段めぐりTV局が争奪戦

公開日:

 前人未到の公式戦28連勝を達成した最年少棋士の藤井聡太四段(14)。その偉業をテレビのニュース番組が速報したり、一般紙やスポーツ紙が1面で取り上げるなど、フィーバーぶりは過熱の一途だ。そんな中、テレビ各局が激しい“藤井争奪戦”を繰り広げているという。

 今月21日にはNHK「クローズアップ現代+」が、「14歳棋士・知られざる偉業への道」と題した特集を放送。平均視聴率9.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高い数字を叩き出した。前日の平均視聴率が5.2%というから、倍増した形である。

 人気だけでなく数字も持っている新スターを、民放各局が放っておくはずがない。フジテレビでは急きょ、「藤井聡太14才」と題した特番を、23日午後7時から放送。フジ系列の東海テレビが小学6年のころから密着してきた独自映像を流すというから、聡太ファンは必見だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る