「クロ現」高視聴率で勃発 藤井四段めぐりTV局が争奪戦

公開日: 更新日:

 前人未到の公式戦28連勝を達成した最年少棋士の藤井聡太四段(14)。その偉業をテレビのニュース番組が速報したり、一般紙やスポーツ紙が1面で取り上げるなど、フィーバーぶりは過熱の一途だ。そんな中、テレビ各局が激しい“藤井争奪戦”を繰り広げているという。

 今月21日にはNHK「クローズアップ現代+」が、「14歳棋士・知られざる偉業への道」と題した特集を放送。平均視聴率9.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高い数字を叩き出した。前日の平均視聴率が5.2%というから、倍増した形である。

 人気だけでなく数字も持っている新スターを、民放各局が放っておくはずがない。フジテレビでは急きょ、「藤井聡太14才」と題した特番を、23日午後7時から放送。フジ系列の東海テレビが小学6年のころから密着してきた独自映像を流すというから、聡太ファンは必見だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る