ダイアン・レイン「変化こそ人生」 新作で熟女の魅力全開

公開日:

 80年代青春映画で燦然(さんぜん)と輝いた銀幕ヒロインが、年齢を重ねた美しさと人生訓で再注目されている。映画「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」「ストリート・オブ・ファイヤー」などで知られるダイアン・レイン(52)が今月公開の主演最新作「ボンジュール、アン」をひっさげて来日し、こう言った。

「年を重ねていくと、いろいろとおっくうになったり失敗を恐れてしまうけれど、私は変化こそが人生だと思っています。外見も境遇も変わっていくことを恐れず受け止める。そして臆せずにチャレンジしていくこと。それが大切だし私は常にそう思って実践しています」

 人気子役出身で、1979年公開の「リトル・ロマンス」で映画デビュー後、フランシス・F・コッポラ監督やウォルター・ヒル監督作品に相次いで出演、日本でも人気だったダイアン。しかし19歳で映画界から遠ざかり、20~30代半ばまで長い低迷を経験、02年公開の映画「運命の女」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、再び脚光を浴びたのは37歳であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る