ダイアン・レイン「変化こそ人生」 新作で熟女の魅力全開

公開日: 更新日:

 80年代青春映画で燦然(さんぜん)と輝いた銀幕ヒロインが、年齢を重ねた美しさと人生訓で再注目されている。映画「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」「ストリート・オブ・ファイヤー」などで知られるダイアン・レイン(52)が今月公開の主演最新作「ボンジュール、アン」をひっさげて来日し、こう言った。

「年を重ねていくと、いろいろとおっくうになったり失敗を恐れてしまうけれど、私は変化こそが人生だと思っています。外見も境遇も変わっていくことを恐れず受け止める。そして臆せずにチャレンジしていくこと。それが大切だし私は常にそう思って実践しています」

 人気子役出身で、1979年公開の「リトル・ロマンス」で映画デビュー後、フランシス・F・コッポラ監督やウォルター・ヒル監督作品に相次いで出演、日本でも人気だったダイアン。しかし19歳で映画界から遠ざかり、20~30代半ばまで長い低迷を経験、02年公開の映画「運命の女」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、再び脚光を浴びたのは37歳であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る