• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山本小鉄さんに飲み勝ち プロレスラー渕正信“酒の勲章”

 全日本プロレスのマットで戦い続けて40年以上、いぶし銀のベテランレスラー、渕正信さん(63)。ダンディーなイメージ通りに、酒の飲み方は冷静沈着だが、あの怖いレスラーに飲み比べで勝ったことが……。

 お酒は飲みますねぇ。いつも楽しく飲んでます。初めて飲んだのは若い頃だけど、酒好きの親父が部屋で飲んでる時にオレが興味を示したらちょっと飲ませてくれて。ビールと酒。気持ち悪くはならなかった。オヤジは一緒に飲んでくれてうれしかったんだろうなぁ。

 それからたまに親父とカウンターだけの立ち飲み屋で飲んだりしました。レスリング部で体もでかいし、180センチくらいあったから、周りからは立派な大人に見えただろうね。

 でも、レスラーになってからは体が小さい方だったから、当時は巡業で旅館に泊まると先輩レスラーから「体をでかくするために食え! 飲め!」ってさんざんビールや日本酒を飲まされたよ。今みたいに小さくてもレスラーになれる時代じゃなくて、馬場さんや鶴田さんはじめ、みんなデカくて100キロ以上もあったからねえ。僕なんか80キロなかったから殴られたり蹴られたりすると痛いわけよ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る