• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゆりやん騒動に賛否 朝井リョウ著「何者」の一節が話題に

 先輩女性芸人の就職試験で“替え玉”として英語の試験を手伝ったと週刊文春に報じられた、お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァ(26)。14日の囲み会見では「(試験とは)知らなかった。『ちょっと一緒に横で見といて』と言われた」と釈明した。

 ネット上では「ゆりやんより先輩芸人の方が悪いのでは」「友達のWEBテストを手伝うのは当たり前」といった、ゆりやんを擁護する意見が続出。加えて、「朝井リョウの小説を思い出した」なんて声も上がっている。

 朝井リョウは2009年に「桐島、部活やめるってよ」でデビューを果たした28歳の小説家。ゆりやんとほぼ同世代だ。今回ネットで話題になっているのは、13年に第148回直木賞を受賞し、16年には映画化もされた小説「何者」(新潮社)の一節である。

 同作は就職活動中の大学生の葛藤を描いた作品で、ゆりやんのケースと同様、自宅でパソコンを通じて行うWEB試験を主人公が友人と共に受験する描写がある。文中では<自宅でできるWEBテストはひとりでやるものではない。そんなことは、就活生の中では常識になっている><これは学力をはかるものではなくて、協力してくれる友人がいるかどうか調べるテストだ>など、“就活生の実情”が暴露されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事