• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼CDに雑誌特集も 大河“政次ロス”は現代女性の矛盾願望

「何回見てもボロ泣き」「立ち直れない」「(政次のいない)日曜日がつらい」――柴咲コウ主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」をめぐって、8月20日の第33回放送直後から、ネット上には、こんな書き込みがあふれている。高橋一生演じる井伊家筆頭家老・小野政次の死を悼む「政次ロス」から生じる投稿だ。

 小野政次は幼馴染みでもある直虎に思いを抱きながら、井伊家存続のために裏切り者の汚名をかぶってはりつけになり、その意をくんだ直虎自身に槍で突き殺されるという、衝撃的な最期を遂げた。

 放送3日後の23日には、追悼CD「鶴のうた」(小野の幼名が鶴丸)が発売。売り切れ続出のため急きょ追加生産が決まった。週刊誌もこぞってこの“政次ロス”を取り上げている。

■制作者も作家も女性

 女性人気ナンバーワン俳優とはいえ、これほどの反響はなぜか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る