追悼CDに雑誌特集も 大河“政次ロス”は現代女性の矛盾願望

公開日:

「何回見てもボロ泣き」「立ち直れない」「(政次のいない)日曜日がつらい」――柴咲コウ主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」をめぐって、8月20日の第33回放送直後から、ネット上には、こんな書き込みがあふれている。高橋一生演じる井伊家筆頭家老・小野政次の死を悼む「政次ロス」から生じる投稿だ。

 小野政次は幼馴染みでもある直虎に思いを抱きながら、井伊家存続のために裏切り者の汚名をかぶってはりつけになり、その意をくんだ直虎自身に槍で突き殺されるという、衝撃的な最期を遂げた。

 放送3日後の23日には、追悼CD「鶴のうた」(小野の幼名が鶴丸)が発売。売り切れ続出のため急きょ追加生産が決まった。週刊誌もこぞってこの“政次ロス”を取り上げている。

■制作者も作家も女性

 女性人気ナンバーワン俳優とはいえ、これほどの反響はなぜか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る