• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シン・ゴジラと陸王で3人が裏かぶり…タブーは存在せず?

 12日に放送された映画「シン・ゴジラ」は平均視聴率15.2%と下馬評通りの数字をマーク。その裏で放送されたドラマ「陸王」(TBS系)も14.5%の安定感で、「どっちを見たらいいの!」とうれしい悲鳴が相次いだが、その内容はさておき、ちょっとした話題になったことがある。両作品で複数の役者が“裏かぶり”していたことだ。

 いわゆる、裏番組での出演かぶりのことだが、その一人が「シン・ゴジラ」の主人公・矢口官房副長官(長谷川博己)の盟友、泉政調副会長を演じた松尾諭(41)。裏でドラマ「陸王」にも登場していて、実業団の陸上選手を演じる竹内涼真(24)に対し、ケガの後の進退について迫る社員の役どころだった。

「陸王」にはピエール瀧(50)が米スポーツ用品メーカー・アトランティス社の日本支社営業部長という重要な敵役で出ているが、この日は「陸王」終了後の午後10時ごろ、今度は「シン・ゴジラ」に自衛隊員役で登場。ゴジラへの砲撃を指揮するピエールに、ネット上では<器用すぎる>などの歓声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る