外見至上主義に批判も 韓国人はなぜ美醜に執着するのか?

公開日:

 韓国で“外見至上主義”への批判が増えているそうだ。聯合ニュースによると、2022年までに、ソウルの地下鉄内の美容整形の広告が全廃されるとか。整形に寛容な社会に疑問の声が出ていて、整形社会を皮肉った映画「もし、あなたなら~6つの視線」(2003年製作)も話題になったという。

 それでも、まだまだ整形が廃れる気配はない。むしろ最近は整形する年齢が徐々に低年齢化している。

「以前は大学の合格祝いで、親がお金を出して春休みに整形をさせていました。今はそれだと高校の卒業アルバムの撮影に間に合わないので高校在学中にさせるようになっています」と言うのは、韓国事情に詳しいライターの児玉愛子氏。卒業アルバムに“ブス”な写真が残ってしまうと細工が一発でバレてしまう。そこまで必死なのは美醜が人生に大きく影響するからだ。

「特に今の韓国は就職難で、面接ではより美人が優遇されます。航空会社に勤める人は『まぶたは二重が条件』と話していました。なぜそんなに整形するのかを韓国の人に取材すると、『相手に失礼だから』と答えます。整形している人は周囲に気を使えて財力もある、と高評価になるのです。以前、私は韓国の知人に“シミ”を取らないことを失礼と指摘された。“鼻くそを付けて歩いているのと同じだ”と言われてしまいましたね」(児玉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る