濱松恵も#ME TOO! 芸能界にはびこるセクハラの闇<下>

公開日: 更新日:

 某テレビ局のプロデューサーから常軌を逸したセクハラ被害を受けた濱松さん。翌日怒っていることを本人に伝えても響かなかったため、そこで録音した音源があることを伝えた。すると態度が一変したという。

「『そんなの冗談だよ~』と軽く流されて。昨日の証拠音源があると言ったら、青ざめたらしく、私の携帯がジャンジャン鳴りました。女友達に“そんなジジイと直接話す必要ない”って言われて無視したら、今度はマネジャーの舟橋さんにわびを入れて、LINEでもヘコヘコ。手のひら返しです。それで送られてきたLINEがこれ(写真)。『応援してきたつもりです』って言うほどお仕事はいただいてないですが……。揚げ句の果てに僕に番組のブッキングをする権限はありません、って言うんです。あれだけチューしといて“権限ありません”はナシでしょう。それでいて“僕クビになっちゃうから”“子供がいるから”って保身に必死。私だって娘がいるんですけど。こんなイヤな目に遭ったのに、ちゃんと約束果たしてくれないと。名前とメールアドレスさらしちゃいますよっ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る