• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

濱松恵も#ME TOO! 芸能界にはびこるセクハラの闇<下>

 某テレビ局のプロデューサーから常軌を逸したセクハラ被害を受けた濱松さん。翌日怒っていることを本人に伝えても響かなかったため、そこで録音した音源があることを伝えた。すると態度が一変したという。

「『そんなの冗談だよ~』と軽く流されて。昨日の証拠音源があると言ったら、青ざめたらしく、私の携帯がジャンジャン鳴りました。女友達に“そんなジジイと直接話す必要ない”って言われて無視したら、今度はマネジャーの舟橋さんにわびを入れて、LINEでもヘコヘコ。手のひら返しです。それで送られてきたLINEがこれ(写真)。『応援してきたつもりです』って言うほどお仕事はいただいてないですが……。揚げ句の果てに僕に番組のブッキングをする権限はありません、って言うんです。あれだけチューしといて“権限ありません”はナシでしょう。それでいて“僕クビになっちゃうから”“子供がいるから”って保身に必死。私だって娘がいるんですけど。こんなイヤな目に遭ったのに、ちゃんと約束果たしてくれないと。名前とメールアドレスさらしちゃいますよっ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る