逆風なんの 斉藤由貴は不倫バッシングを糧に大女優へ進化

公開日:

 50代開業医との“ダブル不倫”が報じられたのは、半年前の昨年8月――。NHK大河ドラマ「西郷どん」やCMの降板を余儀なくされるなど一時は女優生命が危ぶまれた斉藤由貴(51)だが、年が明けてからは水を得た魚のように生き生きとしている。

 福山雅治(49)主演作「三度目の殺人」での演技が評価され、「ブルーリボン賞」(東京映画記者会主催)の助演女優賞を受賞。8日に開催された授賞式ではうっすらと涙を浮かべながら喜びを噛み締め、女優・斉藤由貴ここにアリ、と言わんばかりの存在感を放っていた。

「大河にせよ、ニッポン放送のレギュラー番組の休止にせよ、即座の対応が功を奏し結果的に傷が浅くすんだ。胸元の開いた白いワンピースで臨んだ釈明会見は賛否両論を呼びましたが、その後の所属事務所である東宝芸能の“火消し”はさすがのひと言。作戦勝ちといえるでしょう」とは某芸能プロダクション関係者。しかしながら、会見を開き、医師との関係をけむに巻いたはずが、その後、キス写真や相手の男性が斉藤のものらしきパンティーをかぶったあられもない写真まで流出したもんだから、世間には逆風が吹き荒れ、離婚回避も難しいと報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る