• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆風なんの 斉藤由貴は不倫バッシングを糧に大女優へ進化

 50代開業医との“ダブル不倫”が報じられたのは、半年前の昨年8月――。NHK大河ドラマ「西郷どん」やCMの降板を余儀なくされるなど一時は女優生命が危ぶまれた斉藤由貴(51)だが、年が明けてからは水を得た魚のように生き生きとしている。

 福山雅治(49)主演作「三度目の殺人」での演技が評価され、「ブルーリボン賞」(東京映画記者会主催)の助演女優賞を受賞。8日に開催された授賞式ではうっすらと涙を浮かべながら喜びを噛み締め、女優・斉藤由貴ここにアリ、と言わんばかりの存在感を放っていた。

「大河にせよ、ニッポン放送のレギュラー番組の休止にせよ、即座の対応が功を奏し結果的に傷が浅くすんだ。胸元の開いた白いワンピースで臨んだ釈明会見は賛否両論を呼びましたが、その後の所属事務所である東宝芸能の“火消し”はさすがのひと言。作戦勝ちといえるでしょう」とは某芸能プロダクション関係者。しかしながら、会見を開き、医師との関係をけむに巻いたはずが、その後、キス写真や相手の男性が斉藤のものらしきパンティーをかぶったあられもない写真まで流出したもんだから、世間には逆風が吹き荒れ、離婚回避も難しいと報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る