G・オールドマンの元妻 「DV男に主演男優賞」と痛烈皮肉

公開日:

 日本人初の米アカデミー賞「メーキャップ&ヘアスタイリング賞」受賞作品となった映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」。辻一弘氏(48)による特殊メークによってチャーチル英元首相に大変身し、見事に主演男優賞に輝いた英俳優ゲイリー・オールドマン(59)の受賞には、批判も集まっている。

 ゲイリーには2001年、3番目の妻で写真家のドーニャ・フィオレンティーノさん(50)に暴行を加え、精神的・肉体的に虐待したとして訴えられた過去があるからだ。

 ドーニャさん本人も、今回の受賞は、女性に対するセクハラや虐待を許さないとする最近の風潮に逆行するものだとしたうえで、5日、米情報サイトTMZにこんな毒のある言葉を吐いている。

「おめでとうゲイリー。それに1人じゃなくて2人の虐待男に賞を授与した映画芸術科学アカデミーにもおめでとうと言わせてもらうわ。少しは進歩していると思っていたのに。#MeToo運動はどうなってしまったの?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る