G・オールドマンの元妻 「DV男に主演男優賞」と痛烈皮肉

公開日: 更新日:

 日本人初の米アカデミー賞「メーキャップ&ヘアスタイリング賞」受賞作品となった映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」。辻一弘氏(48)による特殊メークによってチャーチル英元首相に大変身し、見事に主演男優賞に輝いた英俳優ゲイリー・オールドマン(59)の受賞には、批判も集まっている。

 ゲイリーには2001年、3番目の妻で写真家のドーニャ・フィオレンティーノさん(50)に暴行を加え、精神的・肉体的に虐待したとして訴えられた過去があるからだ。

 ドーニャさん本人も、今回の受賞は、女性に対するセクハラや虐待を許さないとする最近の風潮に逆行するものだとしたうえで、5日、米情報サイトTMZにこんな毒のある言葉を吐いている。

「おめでとうゲイリー。それに1人じゃなくて2人の虐待男に賞を授与した映画芸術科学アカデミーにもおめでとうと言わせてもらうわ。少しは進歩していると思っていたのに。#MeToo運動はどうなってしまったの?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る