北島三郎さん次男 突然の病死と“死後1週間経過”のなぜ?

公開日: 更新日:

 “演歌の大御所”北島三郎さん(81)の次男・大野誠さん(51)が東京都調布市の自宅で亡くなっていたと7日に報じられ、ネット上には「まだお若いのに…北島さん、ショックでしょうね」などと、続々と哀悼メッセージが寄せられている。

「誠さんと連絡が取れないことを心配した親族が、3日夜に調布署に相談。署員と自宅を訪れると、倒れて亡くなっていました。ひとり暮らしで、病死とみられています」(捜査事情通)

 大野さんは、かつて「MAKOTO」名義でロックバンドのボーカルとして活動していたミュージシャンで、「大地土子」名義で作詞・作曲も手がける傍ら、音楽著作権を管理する「北島音楽出版」の常務も務めていた。

 北島音楽事務所は日刊ゲンダイの取材に「亡くなったのは事実です。現状は何も話すことはできません」と答えたが、気になるのは「死後1週間程度経過していたとみられる」と報じられた点だ。誰も気づかなかったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る