英国で物議「十字架のストームトルーパー」は“降格処分”

公開日:  更新日:

 ロンドンの聖スティーブン・ウォルブルック教会で今月15日から、十字架をテーマにした展覧会が始まるが、開催前にあるアート作品が物議を醸した。「RYCA(ライカ)」の名前で知られるロンドン出身のアーティスト、ライアン・カラナン氏が制作した「十字架にかけられたストームトルーパー」だ。

 その名の通り、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する帝国軍兵士ストームトルーパーが十字架にかけられたオブジェで、一般公開に先立ち、朝のミサで教区民に公開したところ、「キリストの受難に対する冒涜(ぼうとく)だ」などという苦情が教会に殺到。

 13日付の英紙サンなどによると、当初は展覧会の“目玉”として教会内で最も目立つ祭壇に展示される予定だったが、結局、あまり目立たない礼拝堂の後ろに移される“降格処分”を受けてしまった。関係者によると、いったんは展示の中止も検討されていたという。写真はインスタグラムに投稿された“移し替え作業”の動画のひとコマ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る