• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英国で物議「十字架のストームトルーパー」は“降格処分”

 ロンドンの聖スティーブン・ウォルブルック教会で今月15日から、十字架をテーマにした展覧会が始まるが、開催前にあるアート作品が物議を醸した。「RYCA(ライカ)」の名前で知られるロンドン出身のアーティスト、ライアン・カラナン氏が制作した「十字架にかけられたストームトルーパー」だ。

 その名の通り、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する帝国軍兵士ストームトルーパーが十字架にかけられたオブジェで、一般公開に先立ち、朝のミサで教区民に公開したところ、「キリストの受難に対する冒涜(ぼうとく)だ」などという苦情が教会に殺到。

 13日付の英紙サンなどによると、当初は展覧会の“目玉”として教会内で最も目立つ祭壇に展示される予定だったが、結局、あまり目立たない礼拝堂の後ろに移される“降格処分”を受けてしまった。関係者によると、いったんは展示の中止も検討されていたという。写真はインスタグラムに投稿された“移し替え作業”の動画のひとコマ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る