• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

性被害者目線で撮影 「私は絶対許さない」和田監督に聞く

 15歳時の壮絶なレイプ被害とその後の人生を記した雪村葉子による手記の映画化「私は絶対許さない」(4月7日公開)。カメラを被害者の目線に置いた「主観映像(point of view=POV)」ショットで、観客に強烈な没入体験を強いる演出を用いた和田秀樹監督(57)が、その製作意図と性犯罪への怒りを語った。

■性被害者の実体験を精神科医が映画化

「もともと性被害やトラウマは精神科医としての僕の大テーマ。というのもアメリカ留学中に診た女性入院患者の多くが性被害、性的虐待を受けていたんです。日本がこんな国になったら嫌だなあという思いがあったんですが、その後、徐々に増えていってしまった。しかも診察やってる僕らから見ると“女から誘ったんじゃないか?”などと被害者が逆に責められる理不尽が世間に蔓延している。そんなとき葉子さんの原作を読み、観客がこの人の身になることができたら……と考え、主観撮影を思いついたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る