• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熊本でも被害多発…避難所での“性犯罪”からどう身を守る

「性被害・性暴力、DVなどが増加します」――。

 被災地の熊本市がこんな警告を発している。

 同市の男女共同参画センター「はあもにい」がチラシを配布。阪神・淡路大震災や東日本大震災で報告された「更衣室をダンボールで作ったところ上からのぞかれた」「避難所で成人男性からキスしてと言われた」「トイレまでついてくる」「着替えをのぞかれる」「避難所で夜になると男の人が毛布に入ってくる」などの事例を紹介している。

 5年前の東日本大震災の現地では、たびたびレイプ事件が起きた。4月に盛岡で29歳の男が余震で停電中だった住宅に侵入し、10代後半の女性への強姦容疑で逮捕。気仙沼では7月初めに30代のボランティア女性を刃物で切りつけて強姦しようとした男(38)が強姦致傷容疑で捕まり、同月下旬には37歳の会社員が避難所で10代後半の女性の胸を触るなどして逮捕された。38歳の男は犯行の際「ボランティアなんだから体を提供しろ」と脅したというから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る