• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

再婚日も相談 矢口真里が崇拝する“占い師”の気になる正体

 一度失敗しているだけにこれ以上、バツをつけることは避けたいところだろう。そんな第二の人生の門出を任せた占い師とは一体、何者なのか。星座占いや風水の著書もあるが、実はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人というからビックリだ。

「Love Me Do名義で活動し始めた当初は本名を非公表にしていましたが、得意のサッカーで番組に呼ばれた際、共演者が何度も名前を連呼。結局、ネットで特定されてしまいました。年齢も非公表でしたが、現在、42歳。3浪で大学受験に失敗した後、吉本入りしたので芸歴は20年近い」(TVライター)

■以前は「イボコロリ」の芸名で活動

 タロットや占星術、四柱推命、手相、風水、姓名判断などすべて独学で身につけたようだが、「それもこれも芸人で売れなかったから。以前はイボコロリという芸名で活動し、その前にも何度か芸名を変えてました。“おねえキャラ”で新宿2丁目の飲食店でバイトもしていましたが、いわゆる“ビジネスおねえ”。店の客を占ったりして腕を磨いたんです。本人も隠しているつもりはなく、4年前には一般女性と結婚していて子供もいる。南海キャンディーズの山ちゃんと同じ千葉県内にある私立のマンモス高出身で、高校や予備校時代から人懐っこく、人を笑わせることが好きだった。芸人になって売れたいって口癖のように言っていました」(旧知の友人のひとり)。

 芸人としてではなく、占い師として注目を浴びるとは、自分自身のことは占えなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る