恋愛モノよりマシ 長澤まさみ主演の月9ドラマが意外に好評

公開日:

 長澤まさみ主演の“月9ドラマ”「コンフィデンスマンJP」が意外に好評だ。脚本の古沢良太は月9では、堺雅人と新垣結衣の「リーガルハイ」や杏と長谷川博己の「デート~恋とはどんなものかしら~」などを担当し、低調なフジのドラマの中で数少ない話題作を生んでいる人物。

 長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人がコンフィデンスマン(信用詐欺師)となり、強欲な人たちから大金をだまし取る痛快エンタメコメディー。

 毎回だまされ役で豪華ゲストが出演し、「第1話~ゴッドファーザー編」では江口洋介が経済ヤクザを、未唯mie(ピンク・レディー)がホストクラブの社長を演じた。

「サイコロを振る博打(ばくち)のシーンはぎこちないながらも大人のドラマという気がした。月9だからということで恋愛モノをやらなきゃいけないといった既成概念に捉われない姿勢はいいと思う」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る