• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恋愛モノよりマシ 長澤まさみ主演の月9ドラマが意外に好評

 長澤まさみ主演の“月9ドラマ”「コンフィデンスマンJP」が意外に好評だ。脚本の古沢良太は月9では、堺雅人と新垣結衣の「リーガルハイ」や杏と長谷川博己の「デート~恋とはどんなものかしら~」などを担当し、低調なフジのドラマの中で数少ない話題作を生んでいる人物。

 長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人がコンフィデンスマン(信用詐欺師)となり、強欲な人たちから大金をだまし取る痛快エンタメコメディー。

 毎回だまされ役で豪華ゲストが出演し、「第1話~ゴッドファーザー編」では江口洋介が経済ヤクザを、未唯mie(ピンク・レディー)がホストクラブの社長を演じた。

「サイコロを振る博打(ばくち)のシーンはぎこちないながらも大人のドラマという気がした。月9だからということで恋愛モノをやらなきゃいけないといった既成概念に捉われない姿勢はいいと思う」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る