総選挙とバッティング 篠原涼子主演フジ月9ドラマの不運

公開日: 更新日:

 何ともタイミングが悪いようだ。10月16日スタートの篠原涼子(44)主演のフジテレビ月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」のことである。

 主人公は夫と保育園に通う子供と家族3人で団地住まいをする平凡な主婦。これを篠原が演じているのだが、ある日、職場をクビになってしまう。職探しをするうちに、知ったのが「市議会議員」という仕事。高額な報酬を目当てにイチかバチか立候補する――というフジのオリジナルストーリーである。

 そこで不安視されているのが、ドラマの“スケール感”だ。現実世界では、衆院の解散・総選挙が迫っていて、10月10日公示、22日投開票というスケジュールが決定。ちょうど、国政選挙の真っただ中に、篠原が市議会議員に興味を持ち、それに挑戦するという物語が始まることになる。

「ドラマは世の中を映し出す鏡。それがヒットの基本です。世間が国政選挙で大騒ぎする中、誰が市議会選挙に興味を持つのか。間が悪すぎるんです。しかも、市議会議員といえば、最近は不倫や経費横領などの問題が話題になるばかり。あまりにレベルが低く、視聴者にそれほどの関心があるのか、内部からも疑問の声が出ている」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る