オネエのために一肌脱いだ 浜崎あゆみが新宿2丁目に恩返し

公開日: 更新日:

 セクシュアルマイノリティーの世界的なパレードのひとつである「東京レインボープライド2018」の無料野外ライブに浜崎あゆみ(39)が出演することが明らかになり、話題になっている。

 GWの今月28日から5月6日までイベントが開催され、浜崎は最終日の6日に代々木公園の野外ステージにメインゲストとして出演。デビュー20周年を迎え、全国アリーナツアー中にもかかわらず、同イベントのためにわざわざ時間を割いた浜崎に対して、「さすが、あゆ!」「絶対見に行く!」と新宿2丁目のオネエたちを中心としたセクシュアルマイノリティーからは絶賛の声しきり。昨年出演した中島美嘉(35)をも上回り、過去最高の動員になりそうだという。

 オネエ界隈で浜崎は大人気で、新宿2丁目のクラブイベントでは「浜崎あゆみナイト」というイベントがレギュラー開催されるほど。本人もブログで「私の青春時代……狂ったように忙しかったあの頃、仕事が終わってごはんを食べるのも、飲みに行くのも、ボロボロになって泣きに行くのも、嬉しいことがあってお祝いをするのも、いつだって2丁目だった」と“2丁目愛”をつづり、マイノリティーへの理解がなかなか進まない日本の現状についても早くから問題提起していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る