「何度やっても勝てない」萩原聖人が“復讐心”を燃やす相手

公開日: 更新日:

「私生活でも犬と一緒です。チワワとヨークシャーテリアがいて、Tシャツにしちゃうくらい溺愛してます。今回、バブと触れ合って大型犬の良さを知りました。大型犬は怒らなきゃいけない時とか、しつけなきゃいけない時に大変で、こちらが力負けするんじゃないかと思っていました。でも、バブはとても素直で穏やかで甘えん坊。だからこそ過酷な撮影をやれたと思う。バブはいろんな仕事に対応できて、撮影中も楽しそうにしていました」

 上司役の本仮屋は「もちろん、かわいらしいですよ(笑い)。素直で正直な人なので僕も正直に向き合えました」。

 テレビ朝日系の刑事・警察ものといえば「相棒」や「科捜研の女」、かつてのヒットシリーズ「はぐれ刑事純情派」など多彩。そんな中で「復讐捜査」を表現するなら「登場人物の生きざまが色濃く表現され、復讐というテーマが強く描かれている作品」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

  10. 10

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る