井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<140>バブル崩壊後の“失われた世代”は哀れな漂流者ばかり

公開日:

 どうしてそんなことしでかすんだか、ほんとにわけの分からん犯罪者だらけ。今一番、本人の頭の中もわけが分からなくなっている最中なのが、群馬の田舎のコンビニ酒店で1万円札1枚とビール券30枚だけかっぱらって、長野の松本市内だ、岐阜の高速道料金所だ、富山のコンビニだと、まるで「逃亡者」のリチャード・キンブル気どりかどうか知らないが、逃げまくっている群馬県警の警部補のバカ者だ。最近、とち狂ってしまって、上司を撃ち殺した警官もいたし、危なくてならない。まだ37歳だから、キンブルなんて知る由もないか。「職業医師、彼は身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告され……護送の途中、事故に遭い、からくも脱走した。現場から去った片腕の男を探し求めながら……」。60年代のアメリカのテレビドラマ「逃亡者」はほんとにカッコ良かった。冤罪を自ら証明するため、明日を信じて逃げてたんだから、希望と夢があったもんな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る