井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<140>バブル崩壊後の“失われた世代”は哀れな漂流者ばかり

公開日: 更新日:

 どうしてそんなことしでかすんだか、ほんとにわけの分からん犯罪者だらけ。今一番、本人の頭の中もわけが分からなくなっている最中なのが、群馬の田舎のコンビニ酒店で1万円札1枚とビール券30枚だけかっぱらって、長野の松本市内だ、岐阜の高速道料金所だ、富山のコンビニだと、まるで「逃亡者」のリチャード・キンブル気どりかどうか知らないが、逃げまくっている群馬県警の警部補のバカ者だ。最近、とち狂ってしまって、上司を撃ち殺した警官もいたし、危なくてならない。まだ37歳だから、キンブルなんて知る由もないか。「職業医師、彼は身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告され……護送の途中、事故に遭い、からくも脱走した。現場から去った片腕の男を探し求めながら……」。60年代のアメリカのテレビドラマ「逃亡者」はほんとにカッコ良かった。冤罪を自ら証明するため、明日を信じて逃げてたんだから、希望と夢があったもんな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る