乃木坂46斎藤ちはる内々定 “セミプロ”女子アナ急増の裏側

公開日: 更新日:

 女子アナがアイドル扱いされはじめたのは80年代に大人気だったフジの「花の3人娘」、故・有賀さつきさん、河野(現・花田)景子、そして八木亜希子の女子アナブームあたりからだろう。

 90年代は日テレの永井美奈子、薮本雅子、故・米森麻美さんがアイドルアナとして人気となり、00年代になってからはフジの高島彩が「アヤパン」、加藤綾子が「カトパン」の愛称で人気を博し、冠番組を持つなど活躍。フリーになった現在はCM出演するなど売れっ子タレントである。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「女子アナというと、かつてはスポーツ選手や青年実業家などと結婚しての寿退社が主流でした。現在は結婚する、しないにかかわらず、売れっ子になればフリーになって芸能事務所と契約して、もっと稼いでいくというパターンが増えていますね。加藤綾子や、先日、NHKを退局した有働由美子は成功パターンでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る