乃木坂46斎藤ちはる内々定 “セミプロ”女子アナ急増の裏側

公開日: 更新日:

■テレビ局に育成の余裕なし

 終身雇用制度が消えていく中、会社でもプロジェクトごとの短期契約を結んだり、専門分野に特化して稼ぐプロサラリーマンが話題になった。今回、内定が明らかになった乃木坂46の斎藤のように、芸能活動を自分のキャリアの起点として、卒業後の進路に生かすタレントはそのイメージに近い。

 芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「女子アナの世界には『30歳定年説』というのがあり、会社にとどまる、とどまらないに限らず、次の顔といいますか、どんどん新人を売り出す傾向が民放にはあります。アナウンサーの皆さんもそのことを覚悟の上で入社しているのでしょうし、局側も、辞めていくことを前提に雇用しているところがある。そうした傾向が更に進んでいるということでしょう。実際、新人の売り出しには露出度を高め、育成する時間が必要なのですが、そう簡単ではない。タレントでの活動歴があれば知名度もあって即戦力として期待できますし、社員給料だけでいくらでも使えるわけですから申し分ないのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る