草彅剛に「売れろよ~」故いか八朗さんが若手に掛けた言葉

公開日:  更新日:

 大ヒット映画「テルマエ・ロマエ」(2012年)の“銭湯にいる老人”役で一躍人気者になったタレントのいか八朗さん(本名・近藤角吾)が28日午前、老衰のため死去していたことが分かった。84歳だった。1934年、高知県生まれ。

 所属事務所「Eja9(いいじゃナイン)」のHPによると、いかさんは「10時3分に息をひきとり、天国のテルマエ(温泉)に旅立ちました。眠っているような安らかな顔で呼吸と心臓が止まっていたそうです」。

 Eja9代表の山田大策氏がこう言う。

「一昨年ぐらいから、老衰のため、歩行はできるんですけど、1人では現場には行けなかったんです。食事にも苦労していました。スタッフが気を使ってくれるので、動けない代わりに周りを笑わせるムードメーカー的な存在でした。いかさんの人柄だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る