女版キムタクの声も 次女コウキを待つ“親の十四光”の呪縛

公開日:

 明石家さんまと大竹しのぶの愛娘IMALUは、09年にデビュー。歌手、モデル、女優などをかじり尽くしたが、今では芸能界をフェードアウト状態。

 神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加も順風満帆とは言い難い。歌手や女優を経験し、ミュージカルにも出演して芸を磨いているが、いまだに「聖子の娘」として見られてしまう。芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

「キムタクは次女のデビューに消極的だったのに、静香の鶴の一声で決まったそうです。『ELLE』での大々的な売り出し方を見ていると、『親バカ』とか『十四光』と言われようが、“絶対に次女のプロモーションを成功させる”という静香の強い意志が感じられます。アイドルの先駆者として“商品”になるという自信があるのでしょう。しばらくコウキを静観するのでしょうが、いざ失敗しそうになれば、キムタクがフル稼働させられるのは間違いありません。フジが2クール先の月9でキムタクの主演ドラマを準備し始めたという話もありますが、そこで“父娘共演”が見られるかもしれません」

 コウキも15歳にして険しい道を選んでしまったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る