安室奈美恵は地元沖縄で「神格化」…歌姫から歴史的人物へ

公開日: 更新日:

「当初2万部予定を、4万部に変更しましたが、県外からも問い合わせが殺到し、後日1万部追加しました。これ以上は発送対応しきれないということで今回は締め切らせていただきました。

■“うちなんちゅ”の誇り

 社屋に飾るため紙面をラミネート加工しようと業者を訪ねたら、既に近所の飲食店の方が列をなしていました。ネット全盛の今、本紙を大切に扱ってくださったことはうれしい誤算です。4ページにわたる特集紙面にやりすぎではないかと社内で懸念の声もありましたが『うちなんちゅの誇り』『記録的価値のある紙面』とお褒めの言葉ばかりで、杞憂に終わりました。県民の関心度は我々の予想を超えており、一歌姫ではなく、時代を超えた“歴史的人物”として、今後も特集紙面を考えております」(「琉球新報」編集担当者)

 県民栄誉賞を受賞した際、沖縄への熱い思いを滔々と語った安室。これら地元紙の号外や特集号は今や、1部5000円の高値でネット上で転売されるほど。“うちなんちゅ(沖縄県民)”の心をひとつにする安室のパワーは絶大。齢40にして沖縄史に燦然と輝く偉人、いや“神”になりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る