レイザーラモンHG住谷正樹さん<4>おばちゃんの心をつかむ

公開日:

 会社員を辞めて芸人一本になった後は、生活費を稼ぐために先輩芸人の土肥ポン太さんが大阪で営む青果の移動販売店を手伝った。トラックで野菜を売り歩く仕事だ。

「土肥さんの事業の師匠が野菜の卸の権利を持っていて、その人から野菜を分けてもらって売っていました。土肥さんは童顔でちっちゃくてかわいらしい人。タイプが違いますが、なぜか兄弟という設定で、僕がデカいけどおっちょこちょいな弟の役。かわいいけどシャキシャキしているお兄さんと一緒に接客しているという格好でした。お客さんのおばあちゃんから『全然似てないなあ』と言われながらも、人気の兄弟でしたね」

 移動販売の仕事は4、5年くらい続けた。

「固定給+歩合がもらえるので、結構助かりました。会社員として働いていたころとほとんど変わらない給与をいただいてましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る