• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

実力派俳優・名和宏を追悼 娯楽映画を彩った芸風の幅広さ

 療養中だった俳優の名和宏さんが6月26日、亡くなった。享年85。訃報は出たが追悼文や記事をあまり見ないのが寂しい。筆者は彼の密かなファンだった。こわもての中にときに弱さとおかしみがあり、芸風の幅の広さを買っていたからである。

 デビューは日活だ。松竹を経てフリーとなるが、頭角を現しだしたのは東映作品からだろう。二枚目風情にアクの強さをまぶした独特の風貌のため悪役や敵役が多かったが、なかでもヤクザ映画の金字塔「博奕打ち 総長賭博」(1968年)で見せた演技が、今でも忘れられない。

 名和さんは同作品で、ある組の跡目継承をめぐり、急きょ、まつり上げられた2代目組長を演じた。敵役が多い人なので、てっきりそのままその座に居座り、主人公・鶴田浩二と敵対していくと思っていたら、全く違った。背後の陰謀によって自身がダミーにさせられたことを知り、苦悩するのだ。そのときの切羽詰まった表情が鬼気迫るほど圧巻だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る