大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

実力派俳優・名和宏を追悼 娯楽映画を彩った芸風の幅広さ

公開日:

 療養中だった俳優の名和宏さんが6月26日、亡くなった。享年85。訃報は出たが追悼文や記事をあまり見ないのが寂しい。筆者は彼の密かなファンだった。こわもての中にときに弱さとおかしみがあり、芸風の幅の広さを買っていたからである。

 デビューは日活だ。松竹を経てフリーとなるが、頭角を現しだしたのは東映作品からだろう。二枚目風情にアクの強さをまぶした独特の風貌のため悪役や敵役が多かったが、なかでもヤクザ映画の金字塔「博奕打ち 総長賭博」(1968年)で見せた演技が、今でも忘れられない。

 名和さんは同作品で、ある組の跡目継承をめぐり、急きょ、まつり上げられた2代目組長を演じた。敵役が多い人なので、てっきりそのままその座に居座り、主人公・鶴田浩二と敵対していくと思っていたら、全く違った。背後の陰謀によって自身がダミーにさせられたことを知り、苦悩するのだ。そのときの切羽詰まった表情が鬼気迫るほど圧巻だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る