大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

実力派俳優・名和宏を追悼 娯楽映画を彩った芸風の幅広さ

公開日:

 療養中だった俳優の名和宏さんが6月26日、亡くなった。享年85。訃報は出たが追悼文や記事をあまり見ないのが寂しい。筆者は彼の密かなファンだった。こわもての中にときに弱さとおかしみがあり、芸風の幅の広さを買っていたからである。

 デビューは日活だ。松竹を経てフリーとなるが、頭角を現しだしたのは東映作品からだろう。二枚目風情にアクの強さをまぶした独特の風貌のため悪役や敵役が多かったが、なかでもヤクザ映画の金字塔「博奕打ち 総長賭博」(1968年)で見せた演技が、今でも忘れられない。

 名和さんは同作品で、ある組の跡目継承をめぐり、急きょ、まつり上げられた2代目組長を演じた。敵役が多い人なので、てっきりそのままその座に居座り、主人公・鶴田浩二と敵対していくと思っていたら、全く違った。背後の陰謀によって自身がダミーにさせられたことを知り、苦悩するのだ。そのときの切羽詰まった表情が鬼気迫るほど圧巻だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る