池上彰氏が危惧 ネットでは凄まじい産経新聞の影響力

公開日:

 永田町では、モリカケ疑惑で安倍首相が追い込まれているが、新潟は10日投開票の知事選が大詰めを迎えている。朝日新聞の情勢調査によれば、与党候補がわずかにリードしているという。その裏でキナ臭い動きを見せたのが、“安倍応援団”の産経新聞だ。

「菊田真紀子衆院議員、指名停止企業から計120万円」

 知事選告示10日前の先月14日付で、こんな見出しの記事を掲載。菊田議員は、昨年の衆院選で野党統一候補として新潟4区から出馬。自民党の金子恵美前衆院議員との“女の仁義なき戦い”を制してバッジを獲得している。この知事選では、出馬要請を固辞し、野党統一候補の一本化の流れをつくったキーパーソンだった。

 産経の記事タイトルを目にすると、談合や汚職などに絡んだ業者から献金を受けていたような印象を受ける。しかし、指名停止業者は汚職に絡んでいない。県発注工事での人身事故を県に報告していなかったことに伴う処分で、処分期間と献金時期も一致しない。しかも、その業者は同時期に同額の献金を自民党新潟県長岡市・古志郡第1支部にも行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る