ヒロミの一言で…ミスターちんが語るトリオ活動休止の経緯

公開日: 更新日:

「ミスターちんの珍邸豪邸 お宅訪問」コーナーなどバラエティー番組の人気者だったミスターちんさん(54)。ヒロミ、デビット伊東とのトリオ「B21スペシャル」の活動休止の経緯は……。

 ◇  ◇  ◇

「好きな事務所に行っていいよ」

 こうヒロミに言われたのは突然でした。14年ほど前のことです。当時ヒロミが社長を務めている芸能事務所「ビィー・カンパニー」に所属してたのですが、ヒロミが休業するので「自分のことは自分で決めてほしい」ということだったのです。

 その頃のヒロミは大の親友が亡くなった直後で、その心労からしばらく芸能界を離れようと思っていたみたいでした。

「B21スペシャル」はヒロミとボクとデビちゃん(デビット伊東)の3人で1986年に結成し、90年代以降はトリオよりピンの仕事の比率が高くなってました。そしてデビちゃんは2000年に「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日本テレビ系)の企画でラーメン店を開店したことをきっかけに、本格的にラーメン店経営を始めていたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る