小西克哉氏の原点は米留学 スタンダップコメディーで優勝

公開日: 更新日:

 海外、とりわけ米国の政治のオーソリティーとして活躍中の小西克哉さん(64)。原点は、高校時代の米国留学だった。

 ◇  ◇  ◇

「日本では通勤通学時間はラッシュアワーといってね、乗客が電車に鶏小屋みたいに押し込められて、大変な思いをするんですよ」

 今から45年前、1973年のシカゴ。地元のエバーグリーンパーク高校に1年間の留学中だった時のことです。スタンダップコメディーのコンテストに出場し、身ぶり手ぶり、全身を使ってラッシュ時の電車内のギュウギュウ詰めを漫談にしたのです。その頃、車社会の米国では電車のラッシュは皆無でした。日本での大混雑は想像もつかないんですね。だから見に来てた人たちはみんな腹を抱えて大爆笑。身を乗り出すようにして聴いてくれました。

 出場したのはオリジナルコメディー部門。放課後活動にスタンダップコメディーを選び、日本のことをギャグにして3、4分の漫談を演じていたところ、学校の代表に選ばれたってワケです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る