小西克哉氏の原点は米留学 スタンダップコメディーで優勝

公開日: 更新日:

 海外、とりわけ米国の政治のオーソリティーとして活躍中の小西克哉さん(64)。原点は、高校時代の米国留学だった。

 ◇  ◇  ◇

「日本では通勤通学時間はラッシュアワーといってね、乗客が電車に鶏小屋みたいに押し込められて、大変な思いをするんですよ」

 今から45年前、1973年のシカゴ。地元のエバーグリーンパーク高校に1年間の留学中だった時のことです。スタンダップコメディーのコンテストに出場し、身ぶり手ぶり、全身を使ってラッシュ時の電車内のギュウギュウ詰めを漫談にしたのです。その頃、車社会の米国では電車のラッシュは皆無でした。日本での大混雑は想像もつかないんですね。だから見に来てた人たちはみんな腹を抱えて大爆笑。身を乗り出すようにして聴いてくれました。

 出場したのはオリジナルコメディー部門。放課後活動にスタンダップコメディーを選び、日本のことをギャグにして3、4分の漫談を演じていたところ、学校の代表に選ばれたってワケです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か