小西克哉氏の原点は米留学 スタンダップコメディーで優勝

公開日:

 海外、とりわけ米国の政治のオーソリティーとして活躍中の小西克哉さん(64)。原点は、高校時代の米国留学だった。

 ◇  ◇  ◇

「日本では通勤通学時間はラッシュアワーといってね、乗客が電車に鶏小屋みたいに押し込められて、大変な思いをするんですよ」

 今から45年前、1973年のシカゴ。地元のエバーグリーンパーク高校に1年間の留学中だった時のことです。スタンダップコメディーのコンテストに出場し、身ぶり手ぶり、全身を使ってラッシュ時の電車内のギュウギュウ詰めを漫談にしたのです。その頃、車社会の米国では電車のラッシュは皆無でした。日本での大混雑は想像もつかないんですね。だから見に来てた人たちはみんな腹を抱えて大爆笑。身を乗り出すようにして聴いてくれました。

 出場したのはオリジナルコメディー部門。放課後活動にスタンダップコメディーを選び、日本のことをギャグにして3、4分の漫談を演じていたところ、学校の代表に選ばれたってワケです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る