剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

公開日:  更新日:

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長(42)とのラブラブ投稿が炎上し、7月24日までに自身のインスタグラムからほぼすべての投稿を削除した剛力彩芽(25)。

 前澤社長に対して「自分のものだよってアピールしたいのは分かりますが、やめた方がいい」(大沢あかね)という批判の声が上がる一方、剛力についても「ファンのことを第一に考えた方がいい」(ナインティナインの岡村隆史)との指摘があった。

 剛力もこうした芸能界の先輩たちの助言に一度は耳を傾けたかにみえたが、さらに自分を追い込むような投稿をして窮地に立たされている。7月29日に船上で昼寝をする前澤氏の写真を公開。

「飾らない自分を見せられる場所は大切。たまにはゆっくり休んでね」などとつづったところ、剛力のインスタには「こんな写真見たくない」「一度削除したのにまた同じことをするの?」という意見が寄せられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る